学校に通わないとエンジニアにはなれない?

エンジニアになるための勉強のポイント

ポイントは学習サイクル!

ポイントは学習サイクル!

プログラミングを効率的に学ぶ!

LINEで送る

プログラミングを学ぶということ

エンジニアにとってのプログラミング言語とは、日本語や英語と同じひとつの「言語」です。そう考えてみると、これからどんなふうにプログラミング言語を勉強していけばいいか、ポイントが少し見えてくるのではないでしょうか。例えば、英語はどの人も学校で勉強する言語ですよね。英語を覚えるためには、単語や文法を覚えなければならないのはもちろんのこと、実際に読んだり書いたり話したりと、あの手この手で繰り返し勉強すると思います。プログラミング学習もそれと同じで、メソッドを把握してコードのルールを覚え、他の人が書いたコードを読んだり書いたりして覚えていくんです。いきなりプログラミング学習と聞くと、どこからどうやって勉強したらいいか迷ってしまう人も多いのですが、人間の言語学習に置き換えて考えてみると急に身近になる感じがしませんか?いきなり難しいことから始める必要はなく、簡単なことから徐々にステップアップしていけばOK。コツコツ勉強を続けていくうちにわかることが増えていきますよ。

「完璧主義」のワナ

プログラミング初心者にありがちなのが、プログラミングについての知識全部を理解してからコードを書こうとすること。このことを英語に置き換えてみると分かりやすいかもしれません。英語を使えるようになる人って、全ての英単語や文法を頭に入れてからいきなり使い始めるわけではありませんよね。もし英語の参考書を読んだだけでパーフェクトに英語を操れるとしたら、その人はもはや超人的な能力の持ち主です。英語もプログラムも、完璧に理解してからでなければ使えないということはなく、レベルに応じた使い方があるのです。プログラミングの勉強を進めていくうちに、どうしても意味が理解できずに手こずってしまうこともあるでしょう。そんな時は、わからないことをそのままにせず、問題をひとつひとつクリアしていく努力をしましょう。調べてやってみてダメなら、詳しい人に聞いてみるのもいいでしょう。もしその段階で学ぶにはちょっと早いことだと思うなら、無理をせずその先に学ぶテーマとしてとっておきましょう。
大切なのはとにかく考えることです。書いてあることや誰かから聞いたことをただ鵜呑みにするのではなく、コードを書いてみては考え、問題にぶつかっては考えと、頭の中にインプットした知識を引っ張り出して組み合わせてみてください。知っている情報をいかに応用できるかを考えて実行することの繰り返しが、プログラミング言語の上達には欠かせないのです。そうこうしながらプログラミングに夢中になっているうちに、気づけば立派なエンジニアに成長していることでしょう。

こっちの記事もおすすめ!

  • 即戦力となる専門学生は就職に強い!

    進路を選択する際に意識したいのが就職率や就職先です。エンジニアは専門性が高い職業なので、受けてきた教育の内容や持っているスキルで差がつくこともあります。専門学校は、高い実践力をつけるための教育カリキュラムを組んでいるので、エンジニアのような専門職を目指す人に最適です。もともと就職の選択肢が豊富なのはもちろん、専門学校だからこそチャレンジできる企業もある上に、就職サポートも手厚いなど魅力が満載です。

    即戦力となる専門学生は就職に強い!の詳細を見る
    即戦力となる専門学生は就職に強い!
  • ポイントは学習サイクル!

    効果的にプログラミング言語を習得するためのポイントは、学習サイクルをうまく定着させることです。プログラミングについて完璧に理解してからコードを書こうとするのではなく、基礎からコツコツと知識を積み上げながらコードを書いて覚えていくようにしましょう。わからないことがあれば、自分で調べて考える習慣をつけておくことも大事です。学習内容が偏らないよう、全体のバランスを見ながら順序よくステップアップしていきましょう。

    ポイントは学習サイクル!の詳細を見る
    ポイントは学習サイクル!
  • 専門学校のメリット・デメリットは?

    専門学校は、各分野の知識や技術について集中的に学べるところなので、専門的な力が問われるエンジニアを目指す人に最適です。専門学校の学費は大学より安く、在籍期間も2~3年と短いため、エンジニアになるための力を効率的につけていくことが可能になります。費用面や学習スピードなど、人によっては専門学校で学ぶデメリットのほうが大きくなる場合もあるので、メリットとデメリットはよく比較してから決めることをおすすめします。

    専門学校のメリット・デメリットは?の詳細を見る
    専門学校のメリット・デメリットは?